頭の笠を取り払い(無笠)、不要なこだわりは捨て、地元向笠に築窯し制作に
取り組んでいる磐田市上新屋在住の陶芸家 安藤正義氏による展示です。
日常生活で使える食器から、深層のイメージや古代遺跡や縄文土器のにおいのする
オブジェや茶具など、土と炎が織りなす表情などその作品の魅力を紹介します。
作品点数60点~80点
ごゆっくりご鑑賞下さい。
ご購入も勿論可能です。24日(日)まで開催。
※作家在廊日 金・土・日の午後
◇入 館 料  無料
◇休 館 日  月曜日・祝日の翌日

安藤正義(あんどう まさよし)

1945年生まれ
1971年 静岡大学教育学部美術科卒業
1978年 築窯
1984年 初個展開催
1987年 シャトル式灯油窯設置
1989年 登窯を廃し、単室平窯(穴窯軽形式)を築く
2004年 窯場を磐田市向笠西へ移し、無笠焼(むかさやき)を始める
以後、個展20回余開催