今日は紅型染めの色付け体験講座が開催されました。

紅型(びんがた)とは、沖縄の伝統的な染色技法です。

珍しい読み方も、沖縄の言葉と知ると納得ですね!

 

 

このように、希望の柄に沿ってトントンと色を載せていきます。

こちらはハート柄。

 

 

こちらの方は富士山ですね。

皆さん色鮮やかに染めていきます…。

 

ところで、完成した見本に比べると色が滲んでいるように見えるかと思いますが…

 

 

この紅型染めというのは、このように元の生地にあらかじめ防染糊(ぼうせんのり)という

糊を塗っておくことで、あとで洗濯した時に不要な部分の色が取れるようになっているんです。

 

 

なので、持ち帰りの時はこんな感じ。

とても綺麗な色合いで、これでも素敵ですが、

このあとお家で最後の仕上げ、洗濯をされると…

 

このようにくっきりと柄が浮き立ってくるんです。

面白いですよね!

 

 

 

大人気の紅型染め、今年は偶数月で定期開催の予定です。

6月はすでにキャンセル待ちですが、

また8月以降のスケジュールが決まりましたら改めてご案内させていただきますね!

どうぞお楽しみに☆