9月2日(土)夜、静岡出身で、日本はじめ世界でも活躍されているジャズ・シンガーのウィリアムス浩子さんの「いわた音楽まちめぐり プレミアム・ジャズ・ナイト」(主催/磐田市新造形創造館 共催/磐田文化振興会 後援/各社)が昨夜、創造館つくるっぺいで開催されました。
ここで本格的なジャズコンサートが開催されるのは初めてとあって満席のお客様も期待でいっぱい。
ウィリアムス浩子さん(Vo)、そして北脇久士さん(Gt)、佐瀬正さん(Bass)のうっとりするサウンドに包まれスタート。
今回、ものづくり・人づくりをテーマとした創造館つくるっぺいの特徴を生かし、ステージにはものづくりの作品も一緒に参加。
ウィリアムス浩子さんのイメージを反映した吹きガラス専属作家による各種グラスの演出、とんぼ玉講師作品を身に着けたアクセサリー、
そして、この日から本施設のギャラリー展示をスタートした世界の鍛鉄作家のひとりとしてドイツの専門誌で紹介された西田光男氏の作品(恐竜、おしゃれな譜面台)も一緒に参加。
とても素敵なコンサートでした。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

(静岡新聞、朝刊 2017年9月4日掲載)