創造館のショップで大変人気のある作品を制作する岐阜県多治見市で作陶活動をおこなっている北川和喜氏。
ここギャラリーでは初めての陶磁器デザイン展「工芸とプロダクトの境」を8月4日(土)から開催します。
手作りの「唯一性」と、量産品の「統一感」をコンセプトに両方の良さをあわせもったデザインを目指し制作した作品の展示です。
石膏型を用いた製法を使用しており、形状は同じですが色、柄、重さなど一つひとつに個性のある作品約200点が勢ぞろいします。
排(はい)泥(でい)鋳込(いこ)みと水ゴテという製法を応用することで、工芸の持つ唯一性とプロダクトの持つ統一感をあわせ持った作品となっています。
是非、ご来場頂き、作家北川和喜氏の世界をご堪能ください。
◎北川和喜プロフィール
2014.3 京都精華大学 デザイン学部プロダクトデザイン学科PCDコース 卒業2016.3 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所 卒業
2017.2 意匠研究所一年後展 出展
2017.5月・9月 第11回「孵化展」出展

26日(日)まで開催します。入場無料ですのでお気軽にお越し下さい。