自然豊かな浜松市天竜区船明にある小さなガラス工房で、日本の四季や
花などをテーマに制作。華やかなグラスの花器や小物などを展示します。
是非ご堪能ください。4月25日(日)まで開催。
作品:約50種類

休館日:月曜日
作家在廊日:
4月3日(土)、4日(日)、11日(日)、17日(土)、25日(日)

【プロフィール】
栗原瑠璃華は1984年、浜松市に生まれる。父は日本画家の栗原幸彦氏。幼い頃から父親の日本画を制作する姿や、日本画のモチーフとなる小動物がたくさん飼育される豊かな自然の中で育ち、美術や芸術への関心や豊かな感性を育む環境に恵まれていた。

2001年、伽工房(浜松)でガラス工芸を始める。
2005年、彩グラススタジオで吹きガラスを学ぶ。
2008年、浜松市滝沢に吹きガラス工房“瑠璃”をオープンする。
2008年、中谷宇吉郎「雪の科学館」主催 第6回雪のデザイン賞“奨励賞”受賞2014年 栗原瑠璃華吹きガラス展(ギャラリー入船:豊橋)
以後毎年開催栗原
瑠璃華吹きガラス展~季の煌き~(名古屋松坂屋)
2016年 栗原瑠璃華吹きガラス展(シルクロードミュージアム:磐田) 2017年 浜松ゆかりの作家展(平野美術館:浜松)
栗原瑠璃華吹きガラス展(成川美術館小展示室(箱根)
以後毎年開催
2020年 浜松市天竜区船明に工房移転、ギャラリーオープン。
栗原瑠璃華吹きガラス展(秋田市)
日本画家の父親の影響を強く受けたと思われる、日本画の世界を彷
彿させる複雑な色ガラスの模様が特徴的な作品を制作し続ける。
地元作家を広く市民に紹介すると共に、当館の主事業である吹きガ
ラスへの理解及び美術文化の向上に努めたいと考える。